このブログを検索

Introduction

日本の「染織」は技法の多さに加え、技術・表現において世界最高水準に達しています。

東京藝術大学の染織専攻では、伝統技法の本格的指導およびテキスタイルデザインや空間演出の現代美術分野においても、幅広く学ぶことができます。

次世代の造形表現や独自のブランドを確立していく教育方針にあり「染」「織」双方の技法をバランスよく編成した、カリキュラムづくりを心がけています。

Curriculum


2年生の後期から染織専攻での授業が始まります。
基本的な染色法や、織の組織の勉強などを行います。

2・3年生では、様々な技法の課題が設定されています。
本研究室の特色の一つは、伝統技法の模作課題です。
古典を通して技法を習得し、
学生それぞれの新たな表現の作品を生み出していけるようなカリキュラムになっています。


4年生では、卒業制作に向けて創作研究を行います。


課題の他にも、
集中講義やワークショップ、工房見学なども行われます。








講評会の様子
美術館での資料特別閲覧


藍染め実習
手ぬぐいのデザインプロジェクト

特別講師による集中講義
学生全員参加の染織展




0 件のコメント:

コメントを投稿