このブログを検索

Introduction

日本の「染織」は技法の多さに加え、技術・表現において世界最高水準に達しています。

東京藝術大学の染織専攻では、伝統技法の本格的指導およびテキスタイルデザインや空間演出の現代美術分野においても、幅広く学ぶことができます。

次世代の造形表現や独自のブランドを確立していく教育方針にあり「染」「織」双方の技法をバランスよく編成した、カリキュラムづくりを心がけています。

上原利丸

 
 
















准教授 上原利丸
UEHARA Toshimaru


1955  鹿児島県生まれ


1979  シルク博物館20周年記念特別展 シルク博物館賞(買い上げ)

1981  東京藝術大学大学院美術研究科工芸専攻染織修了

          東京藝術大学修了作品展[サロンドプランタン賞]

1989  個展 上原利丸染色作品展(池袋西武百貨店)

1997  宇都宮美術の現在展(招待)(宇都宮美術館)

2001  第40回日本現代工芸美術展[NHK会長賞]

2007  展開する禅5人展(銀座和光)

    第39回日展[特選]
現在  東京藝術大学美術学部准教授

0 件のコメント:

コメントを投稿