このブログを検索

Introduction

日本の「染織」は技法の多さに加え、技術・表現において世界最高水準に達しています。

東京藝術大学の染織専攻では、伝統技法の本格的指導およびテキスタイルデザインや空間演出の現代美術分野においても、幅広く学ぶことができます。

次世代の造形表現や独自のブランドを確立していく教育方針にあり「染」「織」双方の技法をバランスよく編成した、カリキュラムづくりを心がけています。

縒 - 染織開設50周年展

東京藝術大学 工芸科 染織
「縒 - 染織開設50周年記念展」

◆会期 2017年11月3日(金)ー 11月12日(日)
◆開館時間 10:00-17:00 / 会期中の金・土曜日は20:00まで開館(入館は閉館の30分前まで)
◆休館日 11月6日(月)
◆会場 東京藝術大学 大学美術館 陳列館1,2階
◆住所 〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8
◆入場無料
◆主催 東京藝術大学 工芸科 染織研究室・染織交流会「縒」事務局
◆東京藝術大学工芸科 染織HP http://textile-arts.geidai.ac.jp/
◆お問い合わせ先 yorinokai@gmail.com
◇同時開催:「菅野健一 退任記念展 Conditor alme siderum」東京藝術大学 大学美術館 展示室3
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
東京藝術大学 工芸科の染織分野は2017年で開設50周年を迎えました。
200名を超える染織の卒業生は、現在多方面で活躍をしています。

「縒」発足から2年、50周年を記念して開催した本展覧会では、これまでの歴史を振り返ると同時に、これからの染織講座に想いを馳せて87名の作品や活動写真を展示いたしました。来場者数は4347名にのぼり、最終日には800名を越す皆様にご来場をいただきました。染織分野のこれからの発展にわずかながら寄与できたものと自負しております。





0 件のコメント:

コメントを投稿