このブログを検索

Introduction

日本の「染織」は技法の多さに加え、技術・表現において世界最高水準に達しています。

東京藝術大学の染織専攻では、伝統技法の本格的指導およびテキスタイルデザインや空間演出の現代美術分野においても、幅広く学ぶことができます。

次世代の造形表現や独自のブランドを確立していく教育方針にあり「染」「織」双方の技法をバランスよく編成した、カリキュラムづくりを心がけています。

2017年10月7日土曜日

昇華転写プリント体験!

学部三年生の授業で、昇華転写プリントの体験を行いました。

今回ご協力いただいたのは、
株式会社ミマキエンジニアリングの「ミマキラボ」

「ミマキラボ」さんでは、
修士の学生作品のプリント生地製作でもお世話になっています。

昇華転写の方法やラボの使い方などを教わって、いざ印刷。















出力した専用印紙と生地を熱圧着させていきます。
学生一同、興味津々です。




あっという間に印刷完了!
昇華転写の仕組みを理解しながら、
普段製作している手染めのものとは、また違った魅力を体感しました。















新しい技術も学びながら、伝統技術を振り返る。
手染めの魅力、プリントの魅力、実際に体験しながら、
様々な方面に視野を広げていくきっかけになったと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿