このブログを検索

Introduction

日本の「染織」は技法の多さに加え、技術・表現において世界最高水準に達しています。

東京藝術大学の染織専攻では、伝統技法の本格的指導およびテキスタイルデザインや空間演出の現代美術分野においても、幅広く学ぶことができます。

次世代の造形表現や独自のブランドを確立していく教育方針にあり「染」「織」双方の技法をバランスよく編成した、カリキュラムづくりを心がけています。

2017年5月1日月曜日

藝大アンダーグラウンド1/2

卒業生の日原佑花子さんの展示になります。




平成28年度における東京藝術大学美術学部・大学院美術研究科の卒業・修了作品の中から学内選考によって選ばれた作品が展示されます。若々しいエネルギーと意欲に満ちた作品の数々をご覧いただき、文化・芸術の魅力をご堪能いただければと思います。

会期:5月13日(土)〜6月5日(月)
場所:メトロ銀座ギャラリー「Glass Box Metro Ginza」
  (銀座駅コンコース)
主催:メトロ文化財団
   

0 件のコメント:

コメントを投稿