このブログを検索

Introduction

日本の「染織」は技法の多さに加え、技術・表現において世界最高水準に達しています。

東京藝術大学の染織専攻では、伝統技法の本格的指導およびテキスタイルデザインや空間演出の現代美術分野においても、幅広く学ぶことができます。

次世代の造形表現や独自のブランドを確立していく教育方針にあり「染」「織」双方の技法をバランスよく編成した、カリキュラムづくりを心がけています。

2016年11月25日金曜日

「想いアラタに」

教育研究助手の桂川美帆が作品を出品しています。
よろしくお願いいたします。




第5回 都美セレクション グループ展
「想いアラタに」
会期:2016年11月26日(土)~12月6日(火)
会場:ギャラリーA
休室日:12月5日(月)
開室時間:9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
※12月2日(金)は9:30~20:00(入室は閉室の30分前まで)
観覧料:無料
主催:東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)、月火水木金土日
Period   Sat. November 26 – Tue. December 6, 2016
Venue   Gallery A
Closed   Mon. December 5
Hours   9:30-17:30 (Last admission 17:00)
※Open until 20:00 on Friday, December 2 (Last admission 19:30)

Admission   Free
Organized by Tokyo Metropolitan Art Museum (Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture)

【アーティスト・トーク】
出展アーティストが作品解説や制作活動について語ります。
ここでしか聴けないトークをお楽しみください。

《日程》11月26日(土)、27日(日)、12月3日(土)、4日(日)
《時間》11:00 ~12:00
《場所》ギャラリーA
※予約不要
当日会場受付でご案内いたします。

2016年11月13日日曜日

2年生 課題❷ろうけつ染

2年生の「ろうけつ染」課題の様子です。

「ろうけつ染」は、蝋を加熱溶解し、
生地に蝋を置いていくことで染料の浸透を妨げ、模様を表していくという防染法です。
古くは臈纈(ろうけち)と呼ばれ、最も古い防染技法の一つです。

今回、2年生は、ソーピングワックスというお湯で洗い落とせる蝋と、
反応性染料を使って作品を制作しました。


蝋置きと染色を繰り返して、
思い思いの図案を染め描いていきます。









2年生 課題❶色見本

10月から染織専攻に新しく2年生がやってきました!

一番初めの課題は、染料の色見本帳作りです。

基本の防染法、染色の仕方を学びます。




染織に、「色」は欠かせません。
一色ずつ、地道に染めて、これからずっと使っていく色見本帳が完成します。

縒ー染織専攻50周年記念展ー

2017年、染織専攻は50周年を迎えます!

卒業生の作品や、現在の活動などを展示する記念企画を行いますので、
ご協力のほど宜しくお願いいたします!

<展覧会名が決まりました!>

展覧会名:「縒 -染織専攻50周年記念展-
会期:2017113日(金)〜20171112日(日)※会期中無休
開館時間:10:00~17:00

会場:東京藝術大学 美術学部構内 陳列館 1,2

詳細決定し次第、お知らせしてまいります。
お楽しみに!