このブログを検索

Introduction

日本の「染織」は技法の多さに加え、技術・表現において世界最高水準に達しています。

東京藝術大学の染織専攻では、伝統技法の本格的指導およびテキスタイルデザインや空間演出の現代美術分野においても、幅広く学ぶことができます。

次世代の造形表現や独自のブランドを確立していく教育方針にあり「染」「織」双方の技法をバランスよく編成した、カリキュラムづくりを心がけています。

2016年8月2日火曜日

藝大×祥明大 The Harmony Cultural Exchange 2016

学生の展覧会のお知らせです。
韓国 サンミョン大学校(テキスタイルデザイン学科・プロザクとデザイン学科)と、東京藝術大学染織研究室の交流展を行います。

東京藝術大学・祥明大学校交流展
「The International Exchange Exhibition The  Harmony Cultural Exchange 2016」

本展覧会は、東京藝術大学美術学部工芸科染織研究室と祥明大学校デザイン大学(テキスタイルデザイン学科・プロダクトデザイン学科)が行う文化交流事業の一環として開催される美術作品展です。
韓国・日本両国の学生による交流の機会を設け、将来を見据え国際的な視野を有した学生を育てることを目的としています。シンポジウムや芸術活動を通して相互の文化に対する理解を深め、国際化社会を担う若い世代にとっての出会いの場となることを願っています。
レセプションパーティーでは出品作家による作品紹介と、ゲスト講師・織造形作家 中野恵美子先生(元東京造形大学 教授)による公開講評が行われます。


2016年8月3日(水) 〜8 月8日(月)
オープニングレセプション&公開講評8月3日(水) 17:30〜
Azabujuban gallery
http://azabujuban-gallery.com/wp/?page_id=211

ご高覧いただけますと幸いです。
どうぞ宜しくお願いいたします。



会期は終了いたしました。
お越しいただいた皆様有難うございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿