このブログを検索

Introduction

日本の「染織」は技法の多さに加え、技術・表現において世界最高水準に達しています。

東京藝術大学の染織専攻では、伝統技法の本格的指導およびテキスタイルデザインや空間演出の現代美術分野においても、幅広く学ぶことができます。

次世代の造形表現や独自のブランドを確立していく教育方針にあり「染」「織」双方の技法をバランスよく編成した、カリキュラムづくりを心がけています。

2016年8月9日火曜日

MITSUKOSHI×東京藝術大学 夏の芸術祭2016

MITSUKOSHI×東京藝術大学
夏の芸術祭2016 次代を担う若手作家作品展
2016年8月10日(水)〜8月16日(火)
日本橋三越本店 本館6階 美術フロア
※最終日は17:00閉場なのでご注意下さい。

約190名の作家の作品がご覧になれます。
染織研究室からは、
非常勤講師の朱イッシュ・山田菜々子、
教育研究助手の海老塚季史・桂川美帆、
博士課程2年の山田麻緒
が出品しています。

どうぞ宜しくお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿