このブログを検索

Introduction

日本の「染織」は技法の多さに加え、技術・表現において世界最高水準に達しています。

東京藝術大学の染織専攻では、伝統技法の本格的指導およびテキスタイルデザインや空間演出の現代美術分野においても、幅広く学ぶことができます。

次世代の造形表現や独自のブランドを確立していく教育方針にあり「染」「織」双方の技法をバランスよく編成した、カリキュラムづくりを心がけています。

2018年10月15日月曜日

染織研修旅行 in 横正機業場

毎年恒例の染織研修旅行へ行ってきました。
主に学部3年生と大学院1年生が対象になります。
今年は、繊維産業が盛んな新潟県へお邪魔しました!

新潟県に到着し最初に見学させていただいた、株式会社 横正機業場さんの見学レポートです。



















横正機業場さんは100年以上に渡って羽二重、絽、紗などの絹100%の白生地を生産されています。今回は専務の横野弘征さんにお話を聞かせていただきました。
横正機業場さんの工場がある五泉市は、古くから養蚕が行われており、その後男性用の重厚感のある羽二重「五泉平」が生産された地域になります。
工場では、精錬から検品までの一貫した生産を行っており、着物生地やお坊さんの袴などに使用されるの広幅の生地も生産されています。

以下、工場内の様子になります。










糸を強くするために糊つけをします。
一本ずつ糊を通っていく姿はなんだか可愛らしいものでした。






           ⇣





またこちらは圧巻の整経の様子です。
木枠に巻いた糸が沢山並んでいますが、この木枠一つ一つが経糸(タテ糸)一本一本となります。
経糸の本数は生地幅により異なりますが、おおよそ1,000本にもなります。







           ⇣








経糸の長さ分だけ、後ろのドラムに巻いていきます。
その後、経糸を後ろ招木に巻く際、目一杯テンションを張ることで、生地に張りが出るそうです。







           ⇣








こちらは織り終わった経糸に新しく整経した経糸を一本一本結んで繋げている様子です。
新たに筬通し・綜絖通しをするより時間がかからないそうです。







           ⇣








こちらはジャガード織り機に使用される、紋紙です。
ジャガード織り機の使用により、絽や紗だけでなく、文様の入った白生地も生産しています。







           ⇣









横正機業場さんでは、緯糸(ヨコ糸)に水でぬらした糸を使用しています。緯糸をぬらして織ることで、密度のある生地に仕上がります。







横正機業場さんで織られている生地は、絹の美しさと様々なテクスチャーにより、その後どのような色に染められるのか、想像が膨らむ織物でした。
織りを学んでいる学生は絹糸の扱いや機械織りならではの生地感について、染めを学んでいる学生は生地がどのように作られることで絹生地の美しさや張りが生まれるのかを学ぶ貴重な見学となりました。

横正機業場さんの皆様、どうもありがとうございました!!


株式会社 横正機業場
新潟県五泉市吉沢1丁目2-38
http://yokosho.co.jp/




2018年9月5日水曜日

Textile Arts Exhibition

現在、東京藝術大学で染織を学んでいる学生・研究生19名による作品展です。
芸祭期間中の展示となりますので、芸祭と合わせて是非ご高覧ください。



















「東京藝術大学 工芸科 染織 作品展」
会期:2018.9.7(金)-9.9(日) 芸祭期間中
時間:10:00~16:00
場所:東京藝術大学 美術学部 総合工房棟4階 染織研究室

2018年8月28日火曜日

上原利丸 染色作品展 本友禅染の多様性と可能性

本学教授 上原利丸による個展が平成記念美術館ギャラリーにて開催されます。
ご高覧賜りましたら幸いです。

上原利丸 染色作品展

展示会概要

  • 開催期間2018.9.6(木)~2018.10.9(火)
  • 会場平成建設世田谷支店併設 平成記念美術館 ギャラリー
  • 観覧料無料 
  • ギャラリートーク:2018.9.15(土) 14:00~15:30
  • 問い合わせ先03-3426-1103(平成記念美術館ギャラリー)
  • HP:https://www.heiseikensetu.co.jp/gallery/exhibition/next.html

全国大学選抜染色作品展

染・清流館にて「全国大学選抜染色作品展」が開催されます。
東京藝術大学からは阿部蕗子が出品しております。
是非ご高覧下さい。

























■会期:
 8月31日[金]—9月24日[月・祝](月曜休館)
 午前10時~午後5時

■場所:染・清流館(明倫ビル6階)

■入館料:大人300円、学生200円

■休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)


■HP:http://someseiryu.net/index.html

つながる糸 ひろがる布

金沢美術工芸大学・京都市立芸術大学・東京藝術大学の染織を学ぶ学生による展覧会となります。この交流展は今年で6回目の開催となり、各大学の指導教員も共に展示しております。
ご高覧いだだけますと幸いです。

つながる糸 ひろがる布 —三大学染織専攻学生選抜展—

出展作家
京都市立芸術大学
大学院1年 田代 葵
大学院1年 山本 葵
大学院2年 野口 結貴
大学院2年 山本 紗佑里
大学院2年 メニ・ムブーガ
賛助出品教員
日下部 雅生 教授
野田 涼美 特任教授
東京藝術大学
修士1年 金田 真咲
修士1年 長谷川 博子
修士1年 山田 珠子
修士2年 荒井 悠希
博士1年 大小田 万侑子
賛助出品教員
上原 利丸 教授
橋本 圭也 准教授
金沢美術工芸大学
博士2年 前田 博子
博士1年 岩井 美佳
博士1年 新村 和泉
大学院2年 渡邉 美咲
大学院1年 椋梨 日向子
賛助出品教員
大高 亨 教授
加賀城 健 准教授
会場
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
展示室
@KCUA 1
日時
2018年8月25日(土)−9月2日(日)
11:00–19:00
休館日
8月27日(月)
観覧料/参加費
無料
主催
京都市立芸術大学
お問い合わせ
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
TEL: 075-253-1509 | E-MAIL: gallery@kcua.ac.jp
HP:http://gallery.kcua.ac.jp/exhibitions/20180825_id=12789#ja

2018年7月20日金曜日

「夏のアトリエから」

卒業生の松田順子さんがグループ展に出品します。
是非ご高覧下さい。


「夏のアトリエから」

2018.8.2(木)~8.6(月)
10:30 ~ 17:00(最終日16:30まで)

蔵のカフェ+ギャラリー 灯環 http://www.kuratowa.com/cafe.html
作家HP:https://unchangkogin.wixsite.com/un-kogin
Instagram:https://www.instagram.com/un_kogin/ (@un_kogin)



2018年7月19日木曜日

長友由紀個展「紋様狂詩曲」

卒業生の長友由紀さんが個展を開催します。
是非ご高覧下さい。

長友由紀個展「紋様狂詩曲」
2018.7.25.(水)〜8.2(木)
12:00〜19:00(最終日のみ17:00まで)※会期中無休
レセプション7.25(水)17:00〜


Shonandai Gallery
http://www.shonandai-g.com/art/home.html
〒106-0032 東京都港区六本木7-6-5 六本木栄ビル3F
TEL·FAX 03-3403-0103
地下鉄( 日比谷線. 千代田線. 大江戸線 ) 徒歩約3~5分
















'ラプソディ・イン・ブルー' 絹に友禅染め 各27×27cm